ホーム > 小郡市の歴史を守る会とは > 設立趣旨
設立趣旨

 日本社会全体で地域の歴史と文化に対して、従来から守られてきた体制が壊れかけている。歴史と文化を担い支えてきた人たちの高齢化による実労働力の減少や、その人たちに代わる新たな年齢層や外部からの居住者が持つ、地域の歴史・文化に対する意識の変化により、地域社会の歴史と文化を守る体制維持が難しくなった。日本のどこでも見られる少子高齢化・社会規範の変化による地域の歴史と文化を守る体制の問題は、この小郡市を中心とする地域でも例外ではない。


 従来から歴史を守ってきたその地区の住民や地域の有識者はもちろんのことであるが、より広範に小郡市の歴史と文化に興味をいだく人々による新しい枠組み(組織)を結成することがこの問題の有効な解決策になると考えられ、活動の目的に公益性が高く、行政を含め社会全体からその活動が認知される手段として、ここに「特定非営利活動法人 小郡市の歴史を守る会」を設立した。