ホーム新着情報 > 七夕さん 短冊飾りつけをおえて

新着情報


・平成 30 年度
小郡ふるさと歴史検定 募集
募集 松崎宿をあるくハイキング ~霊鷲寺の大さざんか~
三井高校スイーツ部 旅籠油屋の食事を再現!?
小郡官衙遺跡遺跡公園 3保育園グラウンドゴルフ大会
復原中の油屋主屋特別公開が行われました
七夕さん 短冊飾りつけをおえて
「和ろうそく絵付け体験教室」を終えて
松崎宿を訪ねて ~立石小学校~
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標と新マップについて 第2弾
松崎中油屋ひな祭りを終えて
松崎油屋の保存と活用を考える会 行橋研修会

・平成 29 年度
七夕の里振興協会 視察研修 行橋市
小郡・大刀洗散策ハイキング 道中記
小郡官衙遺跡を守る会 視察研修
旧松崎宿旅籠油屋上棟式
文化遺産を活かしたまちづくり講演会を終えて
『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について
夏休み親子体験教室「糸つむぎ&機織り教室」終えて
甘鉄でGO! 「親子でローカル鉄道 探検・体験ツアー」
立石小学校 ~松崎宿をたずねて~
平成29年度 NPO小郡市の歴史を守る会 社員研修 
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標

・平成 28 年度
小郡ふるさと歴史検定表彰式
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修会
大刀洗・小郡散策ハイキングについて
埋蔵文化財調査センター友の会 歴史探訪研修ツアー
そば打ち講座体験
「おごおり四季彩々」について
松崎宿案内 味坂小学校六年生
平成28年度 NPO小郡市の歴史を守る会 社員研修
ひな祭りを終えて
おごおりんぐ Walking×おごおり 薩摩街道 in 筑後松崎
門司港研修を終えて

・平成 27 年度
稲次因幡正誠をたずねる街道ツアーに参加して
長崎街道 6人旅 道中記 ⑥
小郡官衙遺跡を守る会 視察研修
油屋解体見学会
長崎街道 6人旅 道中記 ⑤
長崎街道 6人旅 道中記 ④
長崎街道 6人旅 道中記 ③
長崎街道 6人旅 道中記 ②
長崎街道 6人旅 道中記 ①
長崎街道 6人旅 道中記
旅籠油屋主屋の復原工事に伴う見学について
中油屋での和装・礼法教室
会員研修会を受けて
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修会
七夕神社 恋人の聖地モニュメントがグレードアップされました
七夕の里振興協会 神社研修

・平成 26 年度
小郡官衙にトイレと展望台ができました!
中油屋開門セレモニー
埋蔵文化財調査センター友の会 歴史探訪研修ツアー
市内薩摩街道散策マップができました
おごおり街道七物語 案内板設置のお知らせ
おごおり街道七物語モニタリングツアーを終えて
おごおり街道七物語in松崎ジュニアツアーを終えて
立石小学校~松崎宿をたずねて~
小郡官衙遺跡遺跡公園 3保育園グラウンドゴルフ大会
おごおり街道七物語について(仮称)
中油屋もちまき
小郡官衙遺跡遺跡発掘現場説明会
七夕神社 織姫・牽牛石像完成
平成26年度 NPO法人小郡市の歴史を守る会 社員研修
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修
油屋おひなまつりを終えて

・平成 25 年度
「薩摩街道を歩く」モニターツアー 道中記
埋文センター友の会研修
七夕の里振興協会研修会
そば打ち体験
松崎宿をたずねて
小郡官衙遺跡公園 3保育園児グラウンドゴルフ大会
七夕神社 太陽の光を浴びて光る石でつくる『天の川』
旧松崎旅籠油屋ひなまつり

・平成 24 年度
NPO法人小郡市の歴史を守る会設立記念講演会
七夕さん 短冊飾りつけをおえて
 

 平成30年8月5日(日)に媛社神社(七夕神社)の七夕さん短冊飾り付けを行いました。今回は一般参加者募集を行い、一団体からの参加を得ました。当NPOからは8名の参加がありました。

 当日は午前9時に小郡市大崎の七夕神社に集合しました。既に、大崎区の区長さんら役員の皆さんと、神社総代ら神社関係者の皆さんは準備作業をしておられました。午前9時過ぎに肥山区長よりご挨拶と作業についての諸注意がありました。(肥山区長は当NPOの副理事長でもあります。)

△今夏より神殿前北側に設けられた記念撮影用ボード。現代的な絵柄と可愛いカササギが印象的です。

 早速、作業に取り掛かりました。本年も全国から数十万の短冊が送られてきており、それを笹竹に飾り付ける作業は容易なことではありません。8月5日はNPO小郡市の歴史を守る会の関係者らがお手伝いをさせて頂きましたが、それでも足りないとのことで、明日は三井高等学校の生徒さん約20名が飾りつけのお手伝いをされるとのことでした。

 私たちは一昨年も短冊の飾りつけを行っていて、少しは要領が分かっていたので10本前後の笹竹の飾りつけと、参道両側に奉納される短冊の飾りつけを行いました。(昨年は台風で飾りつけ中止でした。)

△休憩中に藤棚を見上げると藤の実が生っていました。サヤエンドウを大きくしたような実でした。※写真をクリックすると拡大します。

 
 
 
 
 

 当初は、昨今の酷暑で作業を行って大丈夫かと考えていましたが、神社境内は高い木々におおわれており、また神社の周りには建物が少なく風が通り、気持ちの良い時を過ごせました。全国から送られてくる様々な願い事には、小さな子どもが書いたほほえましいもの、神社が恋人の聖地となっているので恋愛成就に関係するもの、生活に密着したものなど様々な願いがありました。

 作業は順調に進み午前11時過ぎには終了しました。自分たちの飾りつけた短冊が、参道前の織姫彦星像の周りや境内で風に揺れるさまは、盛夏の清々しい時を私たちにプレゼントしてくれました。来年も一般参加者の募集を行いますので、是非ともご参加ください。