ホーム新着情報 > 七夕の里振興協会 視察研修 行橋市

新着情報


・平成 30 年度
三井高校スイーツ部 旅籠油屋の食事を再現!?
福岡県こども囲碁交流大会並びに初心者入門教室参加者募集
復原中の油屋主屋特別公開が行われました
七夕さん 短冊飾りつけをおえて
「和ろうそく絵付け体験教室」を終えて
松崎宿を訪ねて ~立石小学校~
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標と新マップについて 第2弾
松崎中油屋ひな祭りを終えて
松崎油屋の保存と活用を考える会 行橋研修会

・平成 29 年度
七夕の里振興協会 視察研修 行橋市
小郡・大刀洗散策ハイキング 道中記
小郡官衙遺跡を守る会 視察研修
旧松崎宿旅籠油屋上棟式
文化遺産を活かしたまちづくり講演会を終えて
『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について
夏休み親子体験教室「糸つむぎ&機織り教室」終えて
甘鉄でGO! 「親子でローカル鉄道 探検・体験ツアー」
立石小学校 ~松崎宿をたずねて~
平成29年度 NPO小郡市の歴史を守る会 社員研修 
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標

・平成 28 年度
小郡ふるさと歴史検定表彰式
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修会
大刀洗・小郡散策ハイキングについて
埋蔵文化財調査センター友の会 歴史探訪研修ツアー
そば打ち講座体験
「おごおり四季彩々」について
松崎宿案内 味坂小学校六年生
平成28年度 NPO小郡市の歴史を守る会 社員研修
ひな祭りを終えて
おごおりんぐ Walking×おごおり 薩摩街道 in 筑後松崎
門司港研修を終えて

・平成 27 年度
稲次因幡正誠をたずねる街道ツアーに参加して
長崎街道 6人旅 道中記 ⑥
小郡官衙遺跡を守る会 視察研修
油屋解体見学会
長崎街道 6人旅 道中記 ⑤
長崎街道 6人旅 道中記 ④
長崎街道 6人旅 道中記 ③
小郡官衙遺跡遺跡公園 3保育園グラウンドゴルフ大会
長崎街道 6人旅 道中記 ②
長崎街道 6人旅 道中記 ①
長崎街道 6人旅 道中記
旅籠油屋主屋の復原工事に伴う見学について
中油屋での和装・礼法教室
会員研修会を受けて
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修会
七夕神社 恋人の聖地モニュメントがグレードアップされました
七夕の里振興協会 神社研修

・平成 26 年度
小郡官衙にトイレと展望台ができました!
中油屋開門セレモニー
埋蔵文化財調査センター友の会 歴史探訪研修ツアー
市内薩摩街道散策マップができました
おごおり街道七物語 案内板設置のお知らせ
おごおり街道七物語モニタリングツアーを終えて
おごおり街道七物語in松崎ジュニアツアーを終えて
立石小学校~松崎宿をたずねて~
小郡官衙遺跡遺跡公園 3保育園グラウンドゴルフ大会
おごおり街道七物語について(仮称)
中油屋もちまき
小郡官衙遺跡遺跡発掘現場説明会
七夕神社 織姫・牽牛石像完成
平成26年度 NPO法人小郡市の歴史を守る会 社員研修
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修
油屋おひなまつりを終えて

・平成 25 年度
「薩摩街道を歩く」モニターツアー 道中記
埋文センター友の会研修
七夕の里振興協会研修会
そば打ち体験
松崎宿をたずねて
小郡官衙遺跡公園 3保育園児グラウンドゴルフ大会
七夕神社 太陽の光を浴びて光る石でつくる『天の川』
旧松崎旅籠油屋ひなまつり

・平成 24 年度
NPO法人小郡市の歴史を守る会設立記念講演会
七夕の里振興協会 視察研修 行橋市

~ 如月の28日に13名の参加を得て行橋方面へ。 ~

 先ず、行橋市歴史資料館を館長の片岡さん(元小郡市教育委員会文化財課課長)から常設展示の案内、行橋の近代化に尽くした一族「柏木勘八郎」の系譜等の説明を受けました。

 

▲クリックすると拡大します

▲一定時間で写真が入れ替わります。

 

 次に訪ねた「今井祇園」で知られる元永地区にある須佐神社・大祖大神社は2つの神社が1ヶ所に立ち並ぶ珍しいお社でした。

 沓尾の村社である龍日賣神社は海の神を祀った神社で、社殿の後背地には大坂城再建で採石された花崗岩の残石が多くあり、鳥居の礎石にはノミの痕跡が残っていました。すぐ近くにある松山神社には三条実美の筆による「神勅碑」があり、その場所から守田蓑洲(苅田・松山城主の杉弾正弘信らの霊を祀るためこの社を建立)の旧居が見下ろせました。

 

▲一定時間で写真が入れ替わります。

 

 吟寿司で昼食をとった後に、神田町にある正八幡宮(正式名称は小八幡神社)を訪ねました。鳥居をくぐると、清掃が行き届いた境内に感心しました。広瀬宮司さんより神社の説明を受け、意見交換を行いました。行橋~別府100キロウォークは正八幡宮をスタートし別府的が浜公園迄のコース。参加したたくさんの方の感想文を纏めた冊子も紹介されました。正八幡宮の氏子は4600戸、総代80名、責任役員10名で毎月何らかの祭事が執り行われており、神社の維持・運営に努力されているとのこと。七夕神社は氏子110戸ほどで氏子数の減少に悩んでいる旨のことを話すと、正八幡宮も同じであり問題を共有しました。宗教でないこと、そして住民であるより区民たること、生まれ育った土地の守護神として、また地域の人々の守り神としての存在を高めることが必要。その上で神社は綺麗にしておかねばならない等と力説されました。注連縄はもち米の稲藁を使い、それで採れたもので餅を搗き参拝者に配り地域とのコミュニティーに貢献し、その地にあるものから真の文化を作り上げる等熱い思いが伝わりました。帰りに御朱印をお願いした所、「当お社は、代金は頂いておりません。お気持ちを賽銭箱に」とのこと。何かしら清々しい気持ちで帰路につきました。

七夕の里振興協会

松尾隆慶