新着情報


・令和 4 年度
「さるいて しりたか!私のふるさと~小郡市・大刀洗町~【ふるさと遺産編】

・令和 3 年度
募集終了『松崎宿ふるさと案内人講座』
立石小学校 ~松崎宿をたずねて~

・令和 2 年度
つこっコ探検隊 ~子ども歴史博士とハイキング~
《さるいて しりたか! 私のふるさと》 映像でめぐる小郡・大刀洗の文化遺産
小郡官衙遺跡を守る会 研修記
福岡県観光功労者として表彰されました

・平成 31 / 令和元 年度
小郡大刀洗散策 榜示杭風道標の設置
大刀洗小郡ハイキング ~本郷・甲条・高樋・松崎~ 散策を終えて
七夕の里振興協会研修 令和元年12月17日
昔のくらし体験記 旅籠油屋
媛社神社(七夕神社)の夏祭り
旅籠油屋 テレビ放映されました

・平成 30 年度
旅籠油屋主屋 落成式 平成31年3月23日
大刀洗小郡ハイキング ~本郷・甲条・松崎~ 散策を終えて
小郡官衙遺跡を守る会 視察研修
小川県知事来訪! 七夕神社・旅籠油屋
復原中の油屋主屋特別公開が行われました
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標と新マップについて 第2弾

・平成 29 年度
小郡・大刀洗散策ハイキング 道中記
小郡官衙遺跡を守る会 視察研修
旧松崎宿旅籠油屋上棟式
文化遺産を活かしたまちづくり講演会を終えて
『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について
立石小学校 ~松崎宿をたずねて~
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標

・平成 28 年度
小郡ふるさと歴史検定表彰式
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修会
大刀洗・小郡散策ハイキングについて
「おごおり四季彩々」について
松崎宿案内 味坂小学校六年生
平成28年度 NPO小郡市の歴史を守る会 社員研修

・平成 27 年度
稲次因幡正誠をたずねる街道ツアーに参加して
長崎街道 6人旅 道中記 ⑥
油屋解体見学会
長崎街道 6人旅 道中記 ⑤
長崎街道 6人旅 道中記 ④
長崎街道 6人旅 道中記 ③
長崎街道 6人旅 道中記 ②
長崎街道 6人旅 道中記 ①
長崎街道 6人旅 道中記
旅籠油屋主屋の復原工事に伴う見学について
七夕神社 恋人の聖地モニュメントがグレードアップされました

・平成 26 年度
小郡官衙にトイレと展望台ができました!
中油屋開門セレモニー
市内薩摩街道散策マップができました
おごおり街道七物語 案内板設置のお知らせ
おごおり街道七物語モニタリングツアーを終えて
おごおり街道七物語in松崎ジュニアツアーを終えて
中油屋もちまき
小郡官衙遺跡遺跡発掘現場説明会
七夕神社 織姫・牽牛石像完成
油屋おひなまつりを終えて

・平成 25 年度
「薩摩街道を歩く」モニターツアー 道中記
七夕神社 太陽の光を浴びて光る石でつくる『天の川』
旧松崎旅籠油屋ひなまつり

・平成 24 年度
NPO法人小郡市の歴史を守る会設立記念講演会
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標と新マップについて 第2弾
 

 近日中に大刀洗町のホームページでも紹介されます。大刀洗町HP

 
 
 昨年度に続き平成30年3月、地域文化観光実行委員会(事務局:小郡市の歴史を守る会)は、江戸時代の榜示杭をイメージした案内看板(道標)を新たに4本設置しました。設置場所は、西鉄甘木線大堰駅から今村教会を経由し、甘木鉄道松崎駅へと向かうハイキングコース上と大刀洗町本郷から甲条を通るハイキングルート上です。
 大刀洗町や小郡市の皆さんに故郷ハイキングを楽しんで頂きたいとの思いで作りました。
   この道標にはポストが付いており、その中にハイキングコースおよびコース沿いの文化遺産を解説したハイキングマップを入れております。マップを手にして春の今村教会・大堰神社・松崎宿散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。
 なお、本郷から甲条を通過して小郡市松崎に至るルートについては本年度散策マップを作成予定です。
 ※ハイキングマップは、次の場所で配布しております。(部数に限りあり)
  大刀洗町役場(大刀洗町冨多819)
  小郡市埋蔵文化財調査センター(小郡市三沢5147−3)
  NPO法人小郡市の歴史を守る会(小郡市松崎789)

マップのダウンロードはこちらから

【大堰~今村~松崎 散策ルート付近に設置した榜示杭風看板】

▼高助地蔵(一心光院地蔵)▼  以下の写真はクリックすると拡大します

 
 
 
 
 
 

▼大堰神社▼

 
 
 

【本郷~甲条~松崎 散策ルート付近に設置した榜示杭風看板】

▼本郷高良玉垂神社▼

 
 
 

▼甲条神社▼

 
 

 また、松崎には「おごおり街道七物語」の榜示杭風看板が設置されています。併せてご活用ください。

「おごおり街道七物語」についてはこちらをクリックしてください。

 

▼宿場町 松崎宿南入口▼

 
 

 松崎宿の歴史は、延宝6年(1678)に薩摩街道が天下道と定められたのに伴い、松崎の地が宿場町として整備されたのが始まりとされています。以来、参勤交代道路として薩摩藩(島津)、熊本藩(細川)、柳川藩(立花)等の九州の主だった大名がここを通過し、重要な宿場町として繁栄していきました。

 

▼桜馬場入口 【松崎藩】▼

 
 

  寛文8年(1668)、久留米藩の支藩として小郡市松崎に松崎藩が成立しました。藩主は久留米藩2代藩主有馬忠頼(ただより)の養子であった有馬豊範(とよのり)でした。松崎藩は現在の小郡市に含まれる17の町村と大刀洗町に含まれる高樋村・鵜木村、そして小郡市と大刀洗町にまたがる山隈村を領地としていました。