ホーム > 小郡市の歴史遺産 > 平田家住宅
平田家住宅

正門からみる主屋(正面)と座敷(右)

 

正門と瓦塀

平田家住宅について

 平田家住宅は、広い敷地の中心に主屋(しゅおく)があります。その主屋を囲むように北側に表門と座敷、西側に太鼓橋と客殿、南側に新座敷、東側に数寄屋と東門があります。
 主屋と客殿、新座敷は渡り廊下でつながっています。当初は、主屋と座敷の間にも部屋があってつながっていました。座敷、客殿、新座敷、主屋の建物が庭園を囲んでいます。
 主屋一棟、座敷四棟、門二棟、瓦塀一棟が平成28年(2016)小郡市指定有形文化財に指定され、庭園は平成30年(2018)国登録名勝に登録されました。現在、小郡市の所有になり、市が管理しています。

平田家の歴史

 江戸時代の終わりから明治初期、第四代平田伍三郎が木蝋業により資産を増やしました。その後、蝋の価格が下がると、銀行を設立し平田家は代々頭取を務めました。
 第六代平田瑞穂は、小郡小学校に土地を寄贈したり、三井郡在郷軍人総合分会長として地域社会の発展に貢献しました。

 平田家は、江戸時代に田中市作高信が平田家に養子にいき、平田姓を名乗るようになりました。田中家の先祖は、江戸時代の初めに、小郡の町を作ったといわれる田中利左衛門正利です。田中家は分家も含めて、酒、醤油の製造、病院など小郡の町を担ってきました。

 見学案内

 公開時間 9時00分~16時30分まで(入館は16時まで)
入館料  無料
駐車場  有り(無料)平田家向い実相寺参拝者用駐車場(手前3台)
電話/FAX 0942-73-1510(NPO法人文化財保存工学研究室)
閉館日  日曜日・月曜日・祝日
     ※ただし、イベント期間中は変更することがあります。
    (平日の月曜日はイベント期間中も閉館)
     年末・年始
     ※やむを得ない場合の休館は当ホームページでお知らせいたします。  
 

 アクセス

 住所:福岡県小郡市小郡1155

 車:鳥栖インターチェンジより国道3号線 姫方信号から朝倉方面へ約10分

 交通機関:西鉄天神大牟田線 小郡駅下車 徒歩5分

      甘木鉄道 小郡駅下車 徒歩7分

 見どころ

表門

 江戸時代の武家の門を、明治時代に移築したと思われます。

 門には、いろいろな金物が芸術的に配列されています。単なる飾りではなく、それぞれに役割があり、門全体をそれらの金具で保護しています。

 

 
 
 

主屋の入口

 入口で屋根を支えている持ち送り(もちおくり)は、波の渦巻く文様が彫刻されています。

 これは、水で火を防ぎ火事から家を守る意味を込めているそうです。

 

 札に書かれた「六番」は、電話番号です。

   

数寄屋「水月庵」

 客人をもてなす茶室で、明治末期から大正初期に建てられたと考えられています。

 波打っているようなガラスが、当時の風情を残しています。