ホーム > おごおり街道七物語 > 傍示杭風案内のお知らせ
傍示杭風案内のお知らせ

 かねてよりお知らせしておりました市内薩摩街道沿いの文化遺産群について、名称が『おごおり街道七物語』と決定いたしました。同時に選出した7つの文化遺産群について、その場所を明示する案内板を設置しました。榜示杭風の案内板には、当会ホームページの文化遺産紹介サイトへ直接アクセスできるQRコードも備えています。

 今般、各文化遺産群とその案内板の位置をご案内いたします。今後は、選出した文化遺産群をどのように活用していくかを考察して参ります。

イメージ図

<榜示杭風案内板について>

 榜示杭とは、「境界のしるしに立てるくい。さかいぐい。」(広辞苑第2版)とありますように、江戸時代には宿場町などの境に立てて境界を示すものでした。今回の榜示杭風の案内板は、境界を示すものではありませんが、旧参勤交代道の雰囲気に合うように榜示杭と同じようなカタチで作成しました。薩摩街道を散策する方々の道標となれば幸いです。

1.光行土居

▲クリックすると写真が拡大します

猫をクリックすると「光行土居」の詳しい内容になります。

 
 
 
 
 

案内板の位置

周辺の写真

2.消えた薩摩街道(平方)

▲クリックすると写真が拡大します

猫をクリックすると「消えた薩摩街道」の詳しい内容になります。

 

案内板の位置

周辺の写真

 
 

3.消えた薩摩街道(古飯)

▲クリックすると写真が拡大します

猫をクリックすると「消えた薩摩街道」の詳しい内容になります。

 

案内板の位置

周辺の写真

 
 

4.消えた薩摩街道(下岩田)

▲クリックすると写真が拡大します

猫をクリックすると「消えた薩摩街道」の詳しい内容になります。

 

案内板の位置

周辺の写真

 
 
 

5.宿場町松崎 南入口

▲クリックで写真が拡大します。

猫をクリックすると「宿場町松崎」の詳しい内容になります。

 

案内板の位置

周辺の写真

 
 

6.松崎藩 桜馬場入口

▲クリックで写真が拡大します。

猫をクリックすると「松崎藩」の詳しい内容になります。

 

案内板の位置

周辺の写真

 
 

7.宿場町松崎 北入口

▲クリックで写真が拡大します。

猫をクリックすると「宿場町松崎」の詳しい内容になります。

 

案内板の位置

周辺の写真

 
 

8.霊鷲寺(設置予定)

 霊鷲寺の案内板は、参道付近の工事が終わり次第設置する予定です。(写真は霊鷲寺境内のサザンカ)

▲クリックで写真が拡大します。

猫をクリックすると「霊鷲寺(りょうじゅうじ)」の詳しい内容になります。

 

9.旧赤松外科病院 北病棟

昭和20年(1945)3月31日、アメリカ軍B29爆撃機より投下された爆弾が落ちた地点付近に「被弾の地」標を、赤松医院さんの協力の下、設置いたしました。

▲クリックで写真が拡大します。

猫をクリックすると「旧赤松外科病院北病棟」の詳しい内容になります。

 

10.乙隈境石

▲クリックで写真が拡大します。

猫をクリックすると「乙隈境石」の詳しい内容になります。

 

案内板の位置

周辺の写真