ホーム新着情報 > 長崎街道 6人旅 道中記 ①

新着情報


・平成 29 年度
福岡県こども囲碁交流大会並びに初心者入門教室参加者募集
夏休み親子体験教室「糸つむぎ&機織り教室」終えて
ぼくたち・わたしたちのふるさとおごおりの歴史 ~目指せ ジュニア歴史博士!~
甘鉄でGO! 「親子でローカル鉄道 探検・体験ツアー」
立石小学校 ~松崎宿をたずねて~
平成29年度 NPO小郡市の歴史を守る会 社員研修 
小郡大刀洗散策のための榜示杭風道標

・平成 28 年度
小郡ふるさと歴史検定表彰式
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修会
大刀洗・小郡散策ハイキングについて
埋蔵文化財調査センター友の会 歴史探訪研修ツアー
そば打ち講座体験
「おごおり四季彩々」について
松崎宿案内 味坂小学校六年生
平成28年度 NPO小郡市の歴史を守る会 社員研修
ひな祭りを終えて
おごおりんぐ Walking×おごおり 薩摩街道 in 筑後松崎
門司港研修を終えて

・平成 27 年度
稲次因幡正誠をたずねる街道ツアーに参加して
長崎街道 6人旅 道中記 ⑥
小郡官衙遺跡を守る会 視察研修
油屋解体見学会
長崎街道 6人旅 道中記 ⑤
長崎街道 6人旅 道中記 ④
長崎街道 6人旅 道中記 ③
小郡官衙遺跡遺跡公園 3保育園グラウンドゴルフ大会
長崎街道 6人旅 道中記 ②
長崎街道 6人旅 道中記 ①
長崎街道 6人旅 道中記
旅籠油屋主屋の復原工事に伴う見学について
中油屋での和装・礼法教室
会員研修会を受けて
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修会
七夕神社 恋人の聖地モニュメントがグレードアップされました
七夕の里振興協会 神社研修

・平成 26 年度
小郡官衙にトイレと展望台ができました!
中油屋開門セレモニー
埋蔵文化財調査センター友の会 歴史探訪研修ツアー
市内薩摩街道散策マップができました
おごおり街道七物語 案内板設置のお知らせ
おごおり街道七物語モニタリングツアーを終えて
おごおり街道七物語in松崎ジュニアツアーを終えて
立石小学校~松崎宿をたずねて~
小郡官衙遺跡遺跡公園 3保育園グラウンドゴルフ大会
おごおり街道七物語について(仮称)
中油屋もちまき
小郡官衙遺跡遺跡発掘現場説明会
七夕神社 織姫・牽牛石像完成
平成26年度 NPO法人小郡市の歴史を守る会 社員研修
松崎油屋の保存と活用を考える会 研修
油屋おひなまつりを終えて

・平成 25 年度
「薩摩街道を歩く」モニターツアー 道中記
埋文センター友の会研修
七夕の里振興協会研修会
そば打ち体験
松崎宿をたずねて
小郡官衙遺跡公園 3保育園児グラウンドゴルフ大会
七夕神社 太陽の光を浴びて光る石でつくる『天の川』
旧松崎旅籠油屋ひなまつり

・平成 24 年度
NPO法人小郡市の歴史を守る会設立記念講演会
長崎街道 6人旅 道中記 ①
 

長崎街道歩き旅

 

 9月シルバーウィーク初日、我々の長崎街道歩き旅は始まった。出発地は内野駅である。なぜ内野を出発地にしたのかというと、1年半前、我々のうち4人のメンバーが、既に山家から内野までの冷水峠を踏破していたからである。

 言い忘れたが、今回のチャレンジメンバーは、年齢順に、磯部・朽網・吉村・岩佐・片岡・淺川である。平均年齢約65歳であるから、必ずしも若いとは言えないが、それでも昨今ブームになっている街道めぐりの参加者に比べると、若干は若いはずである。

 さて、細かな距離はパソコンのグーグル地図で測ったものである。歩行距離は2日間合計で35.6kmになる。歩数は、吉村さんと朽網さんが測っていたので、そちらの旅行記に譲る。

集合地:JR原田駅

横山峠

 

JR飯塚駅へ急ぐ一同

お世話になった福北ゆたか線

 肝心の旅行記を書かなければならないが、いろいろありすぎて何から書いて良いものか迷ってしまう。ともかく、地図を見ていただくと、よくもまあこの距離を踏破したものだと感心してしまう。正直に告白する。1日目の午後は、みんなで「ずる」を決め込んだ。

 最初から飛ばしすぎて、休みも取らずに、内野から飯塚まで3時間を歩き続けた。その結果、体が無理してしまい、予定していた飯塚から小竹まで、JR福博ゆたか線のお世話になったのである。予定していたこの区間8.6kmは優雅な列車の旅となった。

 6人の怠け者の旅だったので、即座にそういうことが決まったが、みんなが頑固者だったり、公務員だったり、もっと人数が多かったりしたら、こんな「柔軟」な対応は無理だっただろう。今思うと、この電車のありがたさは、私の中では一番の思い出かもしれない。

 

 私は、帰り着いたJR原田駅で、「長崎街道 飯塚-武雄100km」のゼッケンを付けた人とすれ違った。途中でリタイアしたのだろう。その人は10秒間に1mくらいしか歩むことができず、膝は硬直して全く曲がらず、手摺に寄り掛かって、もがいていた。救急車でも呼んでやりたくなる光景で、駅員も心配していた。あのお爺さんはどうなっただろう。

 あの姿を見たとき、途中で電車にして良かったとつくづく思った。旅歩きは人生そのものだ。決して約束通りにはいかず、そして臨機応変に生きることを教えてくれる。

 くどいようだが、電車に乗ったことのいいわけではないことを付け加えておく。(片岡)

(次の方に続きます)